建設会社の基幹業務運用を
スムーズにするパッケージシステム。

「建設業向けパッケージシステム・i-KSP」とは、 建設会社の業務運用で扱う工事情報を一元管理することにより、業務の効率化・確実な予算・原価管理、コスト管理を実現するために開発された基幹システムです。

協力会社まで繋げて管理するシステム

『i-KSP』の特徴は、実行予算計画作成から協力会社への発注、検収、経理での支払、請求まで一貫して繋げる基幹業務システムです。

使う人が増えても追加費用は発生しない

アカウント毎の課金ではなく、システム本体での販売をしておりますので、新しく人が増えた場合や、使うPC端末を増やした場合でも追加費用が発生することはありません。

現場の声から作られたパッケージシステム

建設業を営む企業と協力し、0から設計を行ったシステムです。 建設業にとって最も業務効率が上がり、現場が使いやすい事を念頭に要求設計を行いました。

販売専門ではなく、基幹システムの開発会社であるということ

当社はパッケージシステムを販売しているだけの会社ではなく、『i-KSP』以外にも企業の基幹業務をサポートするシステムを 0から企画・開発・導入を行っている会社です。

i-KSP導入前と導入後

工務・協力会社・経理をつなげます。

見積発行、工程管理、原価管理のシステムは世の中にたくさんあります。『i-KSP』の特徴は、実行予算計画作成から協力会社への発注、検収、経理での支払、請求まで一貫して繋げる基幹システムです。 工務部、設計部、経理部、そして各協力会社の運用、それぞれがバラバラでは本当の業務運用の向上はなし得ません。『i-KSP』は、それらを全てカバーすることによりはじめて確実な予算運用、原価管理、コスト管理、受発注業務を含む仕事の標準化・効率化、情報の集約による活用に貢献します。

基幹システムとしては、低コストで導入が可能。

『i-KSP』はシステムの中でも企業の中枢を担う基幹システムに分類されますが、基幹業務システムとしては他社製品に比べ低コストで導入が可能です。 アカウント毎の課金ではなく、システム本体での販売をしておりますので、新しく人が増えた場合や、使うPC端末を増やした場合でも追加費用が発生することはありません。

建設業を営む企業と開発したシステムです。

「i-KSP」は、建設業を営む企業と協力し、0から設計を行ったシステムです。 建設業にとって最も業務効率が上がり、現場が使いやすい事を念頭に要求設計を行い、 それに対してアイ・アクセスが汎用性を確保するエッセンスを注入し構築されました。 「i-KSP」は今現在も実際の建設業の現場で基幹業務システムとして稼働しており、 日々建設現場運用からのお声を頂きながらバージョンアップを重ねています。

導入後も経験豊富なスタッフが対応します。

導入して終わりではなく、お客様の状況に応じた保守のご契約パターンをご用意しております。 導入初動期の操作方法の問い合わせから、集約された情報活用のお手伝いまで、様々なサポートをご用意し、 システムの有効活用をお手伝いいたします。

協力会社が事務所から直接、検収依頼をする。

建設業における基幹業務(工事管理、原価管理、支払、請求・入金等)をサポートする機能はもちろん、 協力会社が各事務所で工事の受注確認、検収依頼、請求処理を行えるサブシステムを標準で搭載しています。 『i-KSP』を導入すると、御社の協力会社が各事務所で直接システムから受注確認・検収依頼・請求を行います。 これにより協力会社間の煩雑な検収処理、支払処理、請求処理を一元化し受発注業務の効率化を図る事が可能です。

標準パッケージ価格内で2つのシステム
標準パッケージ価格内で2つのシステム

全体の状況を把握

登録されたデータはダッシュボードで視覚的に今月の収入予定と支払予定、全体の収支状況を確認できます。

毎月、工事情報の整理・書類作成で本来すべき作業ができない。

伝達漏れや小額工事の請求等が締め日近辺に多く発生し、その書類整理・チェックで忙殺されている。

各部署・現場で別々に工事情報を扱っているため、情報が共有されない。

工事案件情報のやりとりをExcelや口頭で行っていて、伝達が遅く、結果情報整理に余分なコストが発生している。

工事が終わって初めて収益が出るので、進行中の状況が正確に把握できない。

現時点での支払予定額・入金予定額を知りたい時にリアルタイムで把握することができず、資金計画を正しくたてられない。

協力会社との受発注をもっと楽にしたい。

毎月届く大量の請求書、発行する支払通知書や連絡。締め日近辺は事務作業で残業が多くなっている。

一部従業員がスペシャリスト化していて、何かあった時に現場が混乱する。

工事案件情報が正しく全員に共有されておらず、一部の従業員頼みになっていて何かあったときに怖い。

工事内容登録

01. 工事内容登録

新築工事、リフォームなど、受注した工事を受注段階で工事内容を入力することで、 スピーディな情報共有が可能となります。工事内容は一覧表示され簡単に確認ができます。

予算原価管理

02. 予算原価管理

工事予算書の登録、予算・実績の一覧表示・Excel形式出力、粗利率の表示をします。 工事毎に営業原価・施工予算・発注金額の登録ができ、粗利率を自動計算します。

発注管理

03. 発注管理

協力会社への注文内容を登録し、『i-KSP』サブ機能で協力会社が各事務所で直接工事内容を確認できます。 これにより発注漏れを防ぎます。

検収管理

04. 検収管理

協力会社側システムより直接検収依頼が行えます。検収依頼があった工事は一覧で表示され簡単に管理が可能です。 システム上から支払処理も出来、事務作業が軽減されます。

支払管理

05. 支払管理

協力会社に対する月次の支払処理を行います。安全協力会費も自動的に計算されます。 支払通知書・仕入台帳・支払方法別支払表を出力し、支払作業を大幅に軽減します。

請求・入金管理

06. 請求・入金管理

工事代金の請求、入金管理を行います。分割請求時の請求タイミング毎の請求額の登録が可能です。 立替金の登録も行え、請求・入金処理の事務作業を軽減します。

導入いただいたお客様の声

i-KSPをご利用いただいたお客様の声をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いいたします。また、実際にお伺いして実物でのデモンストレーション依頼もこちらより承っております。

もう少し簡易的なサービスはない?

「システム化はしたいが、パッケージシステムを導入するほどの予算も組めない。」

「安く簡単に始められるものがないか?」

このようなご要望には、『brick』をご用意しております。『brick』は、30日間無料でお試しが出来、最新のインタフェースを搭載し、 コストも3つのプランから選択できるサービスです。